2013年08月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

<ふるさと知事ネットワーク美術館交流展>現代日本画の革新者たち-福井県立美術館コレクションによる-

晩夏から秋にかけての万葉文化館では、
只今新たな展覧会が開催中です

jhsidufiuoe8rt9839ti4egtedtg

<ふるさと知事ネットワーク美術館交流展>
現代日本画の革新者たち
-福井県立美術館コレクションによる-


【展覧会概要】

奈良県をはじめ13県で構成する
「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」では、
県立美術館同士の相互交流事業を始めます。

今回は、その一環として、
福井県立美術館の豊富な日本画コレクションから、
現代日本画の革新的な表現を中心に展示・紹介いたします。

横山操、加山又造、広田多津、三上誠、小松均、西山英雄、
川端龍子、竹内浩一、中島千波、入江酉一郎、米谷清和、牧進など、
時代を切り開いた名手たちの、華麗な競演を是非ご覧ください。

【展示作品】

福井県立美術館所蔵作品:50点(全て日本画作品)
万葉日本画作品:7点(本展展示作家による)
合計:57作品

【会期中イベント】

(1)ギャラリートーク:8月18日、9月1日・15日・29日 
 午後2時より ※要観覧券
 会場:日本画展示室 学芸員による作品解説を行います。
(2)美術講演会:8月31日(土) 
 午後2時より ※要観覧券 会場:企画展示室
 福井県立美術館学芸員、佐々木美帆氏による講演会を開催します。

hukuigyarallyfdafafs7987a7f989
学芸員によるギャラリートークは隔週で行われますので、
是非この機会に作品の知識も仕入れつつ、
楽しんで頂けましたらと思います+*

皆様のご来館をお待ちしております
スポンサーサイト

平成25年8月 ミュージアムショップ情報+*

fsfafafrejgkijotwrty9898
8月の「こども絵画教室」で取り扱った、
ット他、ミュージアムショップでは
只今、スケッチセットや日本画・スケッチ入門の本を取り扱っております

wrwervnhgjdtyy543d
水に絵の具をぽたぽたと垂らして、紙にキレイなマーブル模様を写し取る★
そんなットは、5色セットで630円

gjythgfdsvfhjyt62315 gfhfjhlkjycfherashgt7r45
その他、水に溶ける色えんぴつや持ち運びやすい水彩絵の具セット+*
日本画・スケッチ入門の本が並んでいます

子どもさんの夏休みの宿題や、
ちょっと旅行に出かけたときのスケッチのおともにいかがでしょうか

ミュージアムショップは、8月14日・15日は開店しておりますので、
お盆休み中も是非おこしくださいませ

展示替休館日が臨時開館となりました!

万葉文化館の年間行事予定では、
8月12日(月)~16日(金)は展示替休館となっていましたが、
お盆休みということで、
*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*
8月13日、14日、15日の期間は
いたします

お盆休み期間中の上記3日間、
駐車場と館内の一部を開放(無料)します。
展示替作業等のため、日本画展示室と万葉劇場は観覧いただけませんが、
それ以外の施設は利用いただけます。
オープン時間 10:00~17:00

*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:**・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。. .。.:*

図書情報室・カフェ・ミュージアムショップなど、
無料でご利用になれる場所を開放いたしますので、
お盆休み中もどうぞ、万葉文化館へのご来館をお待ちしております+*

本日から展示替作業です+*

秋風は 涼しくなりぬ 馬並めて いざ野に行かな 萩の花見に(巻10-2103 作者未詳)

お盆休みは残暑厳しく…、明日香村でもまだまだ暑い日が続いています
秋の風が吹く頃は、果たしてまだまだ先なのでしょうか…

nonoutiten002
さて、そんな暑い日の中、今日の万葉文化館では
夏休みという時期もあって、お子さま連れのお客さまも多かった今期+*
多くのお客さまにご来館いただきました、野々内良樹回顧展 も、
昨日で終了となりました

nonoutiten000
色鮮やかな「花鳥画」作品が展示室を彩った今展+*
見渡す限り「鳥」「鳥」「鳥」で、お子さんにも楽しんで観覧していただけたようです

8月11日をもちまして、花鳥画展も終了し、
本日から8月15日まで、日本画展示室は展示替作業に入らせていただきます。

nonoutiten001
ガランとした日本画展示室。
次回はどんな作品でこの広い空間が飾られるのか、こうご期待です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。